40代におすすめ個人年金保険ランキング10選(40代前半/40代後半/女性)

子育てが一段落した40代女性の中には「そろそろセカンドライフの資金を貯蓄したい」と計画する方もいるはずです。

銀行の利子はもはやあてにはなりませんので、利率の良い個人年金がおすすめです。

40代からの個人年金は掛ける年月も短いので、無理なく始められるのがポイントです。

自分の将来をより良いものにするためにも、40代になったら個人年金を検討しましょう。

40代におすすめ個人年金保険ランキング10選【2019年】

40代では、まとまった貯蓄をすでにお持ちの女性も多くなりますので、一部を一時払い・全期前納資金として活用することもできます。

2019年に40代におすすめしたい人気の個人年金保険をランキング形式で紹介します。

→比較表を先に見たい方はこちら

【1位】こだわり個人年金(外貨建)

これからは外貨資産を!と考える方にピッタリ

こだわりの個人年金保険は、最低保証積立利率が設定されていますので大きな損はまずないのが特徴です。

すでに結婚している女性はともかく、独身女性の場合年金はほとんどあてにはならないのが現状です。

そう考えると、ある程度の貯蓄は40代からコツコツ積み重ねていくことが重要になるので安定した外貨建てがおすすめです。

返戻率 約118〜140%
保険の種類 外貨建て
満期年齢設定の有無
受け取り選択の有無
支払い選択
払い込み免除の有無 ※停止や減額は可能
評価 ★★★★★

【2位】住友生命たのしみワンダフル(たのしみ未来)

返戻率を高くするなら据置期間を設けよう

住友生命たのしみワンダフル(たのしみ未来)は、クレジット決済ができる保険ですので高還元率のクレジットで支払いすれば実質利率は高くなります。

据置期間の長さで返戻率も違ってきますが、あまり長く置いてしまうと年金を受け取る年齢が遅くなるので注意が必要です。

返戻率 約105.6%
保険の種類 確定年金
満期年齢設定の有無
受け取り選択の有無
支払い選択 ×
払い込み免除の有無 ×
評価 ★★★★★

→まとめて資料請求はこちら

【3位】明治安田生命(年金かけはし)

満期後の据置期間が返戻金増額の鍵に!

明治安田生命(年金かけはし)にはは、保険料の払い込み免除がありませんので、負担の少ない金額で加入するのがおすすめ。

告知なしで加入できるので「今からでは遅いかな?」と迷った方も安心です。

満期年齢も、加入年齢から選択できますので夫婦で加入を検討している方にもおすすめします。

返戻率 約105.9%
保険の種類 円建て
満期年齢設定の有無
受け取り選択の有無
支払い選択 〇 一時払い不可
払い込み免除の有無 ×
評価 ★★★★★

→まとめて資料請求はこちら

【5位】日本生命(みらいのカタチ)

返戻率が高く繰延は最長5年間

個人年金保険の中ではかなり高い返戻率で、年代問わずに人気があります。月払・半年払・前納で保険料を納められ、余裕があれば前納すれば返戻率も高くなるので貯蓄性も高くなります。

日本生命(みらいのカタチ)は終身も選べますから、健康に自信がある方は終身年金で国民年金の足しにするのも良いでしょう。

返戻率 約105.1%
保険の種類 円建て
満期年齢設定の有無
受け取り選択の有無
支払い選択 ◎※一時払い不可
払い込み免除の有無
評価 ★★★★☆

→まとめて資料請求はこちら

【7位】第一生命積立年金(しあわせ物語)

教育資金としても人気の保険

第一生命積立年金(しあわせ物語)は、加入した時点で受け取れる金額が決まっていますから国民年金までのつなぎとして加入するにはおすすめできる保険です。

40代で加入するのであれば、子供を被保険者とすれば教育資金として貯蓄ができて便利です。教育資金として加入した場合には、は個人年金保険料控除の対象にはなりませんのでよく考えて加入してください。

返戻率 約104.67%
保険の種類 円建て
満期年齢設定の有無
受け取り選択の有無
支払い選択
払い込み免除の有無 ×
評価 ★★★★☆

→まとめて資料請求はこちら

【8位】フコク生命(みらいプラス)

契約手続きが簡単で0歳から入れる個人年金

フコク生命(みらいプラス)の年金開始年齢は、1歳単位で決められ、自分の定年退職後の年齢や都合に合わせられる柔軟性があるのもポイント。

セカンドライフの資金だけでなく、子供の学資保険として幅広い年齢に人気があります。死亡給付金もついていますので、自分だけでなく子供の未来のために考えても良い保険です。

返戻率 約103%
保険の種類 円建て
満期年齢設定の有無
受け取り選択の有無
支払い選択
払い込み免除の有無 ×
評価 ★★★★☆

→まとめて資料請求はこちら

【9位】三井住友海上(あいおい生命)

確定年金・終身年金から選べます

三井住友海上(あいおい生命)の魅力は受け取り期間を4つから選べるなど、幅広い方を対象にしてあるところでしょう。

もちろん年金方式で受け取りもできますが、一括受け取りも可能なので40代から加入して受け取り期間がきたら一括も可能です。

返戻率 約101.3%
保険の種類 円建
満期年齢設定の有無
受け取り選択の有無
支払い選択
払い込み免除の有無 ※払込保険料相当額が返還
評価 ★★★☆☆

→まとめて資料請求はこちら

【10位】三井住友海上プライマリー生命(100年時代応援つみたて)

生涯現役で働きたい方におすすめ

三井住友海上プライマリー生命(100年時代応援つみたて)は、近年話題の外貨積立、投資式の個人年金です。

特に独身女性に人気のある個人保険で「自分で利率を高くする」ことができるのが魅力。

40代で加入すると保険料が高くなるので、独身である程度の貯蓄がある方にはおすすめですが、子育て中のママや結婚・出産予定がある方は検討が必要です。

返戻率 約101.4%
保険の種類 円建て
満期年齢設定の有無
受け取り選択の有無
支払い選択
払い込み免除の有無 ※払込保険料相当額が返還
評価 ★★★☆☆

→まとめて資料請求はこちら

【11位】大樹生命(ドリームフライト)

契約から10年以上経過なら保険料の払込停止・再開が可能

個人年金は途中解約すると元割れするので、40代以降の加入は慎重になりものですが大樹生命(ドリームフライト)は、10年間保険料を払い込んでおれば保険料の払込停止・再開が可能となっています。

40代はすでに経済的にも安定していますのでその心配は少ないのですが、万が一を考えたこのシステムはかなり画期的です。また、三大疾病になった場合には保険料払込免除と独身女性にはなかり優位になっています。

返戻率 約101%
保険の種類 ドル建て個人年金
満期年齢設定の有無
受け取り選択の有無
支払い選択
払い込み免除の有無 ※3大疾病で保険料払込免除
評価 ★★☆☆☆

→まとめて資料請求はこちら

40代の個人年金保険の比較表

サービス名 こだわり個人年金(外貨建) 住友生命たのしみワンダフル(たのしみ未来) 明治安田生命(年金かけはし) 日本生命(みらいのカタチ) 第一生命積立年金(しあわせ物語) フコク生命(みらいプラス) 三井住友海上(あいおい生命) 三井住友海上プライマリー生命(100年時代応援つみたて) 大樹生命(ドリームフライト)
画像
特徴 これからは外貨資産を!と考える方にピッタリ 返戻率を高くするなら据置期間を設けよう 満期後の据置期間が返戻金増額の鍵に! 返戻率が高く繰延は最長5年間 教育資金としても人気の保険 契約手続きが簡単で0歳から入れる個人年金 確定年金・終身年金から選べます 生涯現役で働きたい方におすすめ 契約から10年以上経過なら保険料の払込停止・再開が可能
返戻率 約118〜140% 約105.6% 約105.9% 約105.1% 約104.67% 約103% 約101.3% 約101.4% 約101%
保険の種類 外貨建て 確定年金 円建て 円建て 円建て 円建て 円建て 円建て ドル建て個人年金
満期年齢設定の有無
受け取り選択の有無
支払い選択 × 〇 一時払い不可 ◎※一時払い不可
評価 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★☆☆☆
公式リンク 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る 公式サイトを見る

→もう一度ランキングを見たい方はこちら

40代の個人年金保険Q&A


40代に入って「今後のために個人年金を考える」ようになっている方もいるでしょう。特に独身女性の場合、年金問題が取り上げられるたびに「貯蓄だけで将来本当に大丈夫なの?」と不安になっていきます。

個人年金の加入率は40代になると一気に高くなりますが、「今から入って損をしない」ためには幾つか考えたいこともあります。どんなことに気を付けて個人年金を選べばよいのか、ここでは例を出して紹介します。

①40代の女性に個人年金が注目されているのはどうしてですか?

個人年金加入率は40代が一番高く、20代や30代で加入している方は少数です。年齢的に収入が安定している・子育てが一段落し生活が安定している世代であることが、利率の良い個人年金に注目させるようです。

結婚されている方は、学資保険や死亡保険でまず準備をし、子供が成人した後には自分の生活を維持するために選択肢として個人年金があげられ、独身女性の場合「貯蓄だけでは不安がある」ことから資産を運用して少しでも財産を増やしていく考えを持つ方が増えています。

「不安定な国民年金」はあてにしない、自分の将来は自分が守らないといけない時代になっていることを一番現実的に感じていのが40~50代世代であることも要因となっています。

銀行の定期預金よりも確実に返戻率が高い保険会社が多いことも、個人年金保険が注目されるようになった理由です。

②40代の独身女性は個人年金保険に入るべきでしょうか?

独身女性の場合「家族のことよりも自分のこと」を優先的に考えてライフプランを立てていくべきなので、必要なのは医療保険や終身保険です。

解約した時に支払った保険料が増額されていれば、自分が一生を終えるまで安心して生活することができます。特約で死亡保障や医療保障を付けられるものもありますが、保障機能はそれほど高くはありませんので「医療保険」と「個人年金」は別でしっかり加入したほうが間違いはありません。

個人年金は「貯蓄性」が高いものを選べば、将来的な備えとしては万全ですので「今まで特に貯蓄という形では持っていない」のであれば、これを機会に真剣に考えてみてはいかがでしょうか?

③40代で加入した場合、平均的な月掛けの金額はどれくらいでしょうか?

保険の掛け金は、保険の内容によって変動しますから何とも言えませんが平均的に15,000円~20,000円を月掛けにしている方が多いようです。

4位で紹介した明治安田生命(年金かけはし)は、30~40代の女性に人気の個人年金で月額20,000円65歳払い込み返戻率が104%と安定感のある個人年金です。

④これから貯蓄をしっかりできる個人年金はありますか?

40代になると更年期に差し掛かり、体調がすぐれなくなる女性も増えてきます。医療保険に入っていない方は少ないとは思いますが、特約などがついているものより貯蓄性が高いシンプルな個人年金がおすすめです。

2位の日本生命(みらいのカタチ)は、返戻率も高く安定感のある個人年金です。外貨建ては運用が難しいと感じるのであれば一番おすすめです。

⑤個人年金は加入が遅いとデメリットはありますか?

個人年金は「将来のための貯蓄」が目的の保険です。銀行の定期よりも確実に利率が良いものを選べば損することはありませんので、保険の選び方次第といえます。

早く加入すれば、もらえる年金は増えますが「途中解約すれば損をする」ものですから、収入が安定した40代で個人年金に加入するのはメリットしかないと言えます。

⑥女性の加入率が高い個人年金はどれですか?

加入率では、2位の日本生命(みらいのカタチ)4位で紹介した明治安田生命(年金かけはし)などの円建ての個人年金です。

特に日本生命(みらいのカタチ)は返戻率が高く、独身女性の貯蓄にもピッタリですから、検討しているのであれば資料請求して検討してみましょう。

⑦がっちり貯蓄したい場合、どの個人年金を選べば良いでしょうか?

貯蓄をメインに考えるのであれば、現段階ではドル建ての個人年金をおすすめします。1位のこだわり個人年金(外貨建)なら大きな損はないので、コツコツ貯めていきたい方にマッチしています。

今の貯蓄を大きくしたい方は、2位で紹介した日本生命(みらいのカタチ)前納で返戻率を一気に高くするのも良いでしょう。

40代個人年金保険のまとめ

40代の女性はまだ結婚のチャンスもありますし、親の「介護問題」なども念頭に入れてライフプランを立てていかなくてはなりません。

個人資産を増やすための個人年金ですが、今の生活を圧迫しない程度の掛け金であることや最適なタイミングを考えて後悔しない個人年金保険選びをしてください。

※期待返戻率は30歳男性が10年満期で加入した場合のシミュレーションです。

【関連記事】
個人年金保険のおすすめ比較人気ランキング10選【2019年】

もう一度ランキングを見る